エクセルマニア

バーコード GS1-128

TOP > バーコード GS1-128
このエントリーをはてなブックマークに追加

GS1-128とは?

GS1-128 (旧 UCC/EAN-128)は 物流業界や医療業界で多く使用されるバーコードで、ロット番号などからトレーサビリティが可能なことから特に医療業界で普及しています。またGS1-128に含まれる商品コードは基本的にはJANの商品コードと同じ内容のため現在のシステムから割と簡単に対応できるメリットもあります。

GS1-128とJANの違い

GS1-128 とは 今日本で多く使われているJANコードを拡張したバーコードです。
JANコードは、「事業者コード+商品コード(12桁) + チェックデジット(1桁)」の13桁(固定長)のコードですが。 GS1-128 はさらに、「販売期限、数量、ロット番号」 が記載されています。またバーコードの長さは決まっていません(可変長)。

GS1-128の中身

GS1-128 のバーコード例

(01)14512345678903(17)131231(30)50(10)1234567


各部の意味

(01)(01)以降に商品コードが始まります。
商品コード14桁続きます。
451234567890(12桁)の部分はJANと同一の商品コード(*1)
(17)(17)以降に販売期限が始まります。
販売期限131231 は 2013年12月31日が消費期限の意味。
191200 の場合は 2019年2月 の意味。
(30)(30)以降に数量が始まります。
数量50 は 数量が50個 (最大8桁)
(10)(10)以降にロットナンバーが始まります。
ロット番号1234567 は ロット番号 (最大20桁)

GS1-128の商品コード部分

GS1-128 商品コードを表す部分

(01)14512345678903


の (01)の後には 14桁のコードが以下のルールでつきます。

梱包インジケータ (1桁) + 商品コード(12桁) + チェックデジット(1桁)


この商品コード12桁 は基本的には JAN の商品コードの12桁の部分と同一(*1)ですが、 最後のチェックデジット(1桁)の部分は異なる事に注意して下さい。

GS1-128 の梱包インジケータとは?

0単品の場合
1~8中箱は1、外箱は2...のようにするのが望ましい
9都度数量が変わる。

JANからGS1-128 へ運用するときの注意点

販売期限(17)~ の販売期限がついてない場合もあるようです。
数量(30)~ の数量は可変長です。
ロット番号(10)~ のロット番号は可変長です。
商品コード商品コード部分のチェックデジット(1桁)は JAN と異なります。
スキャナJAN対応のバーコードスキャナでもGS1-128に対応しているわけではありません。ご利用のバーコードスキャナで読めるか確認して下さい。