エクセルマニア

EXCEL関数辞書 avedev

TOP > EXCEL関数辞書 > AVEDEV関数の使い方

平均偏差を求めるEXCEL関数


AVEDEV関数は、指定した範囲内の数値の平均偏差を求めることができます。平均偏差とは、測定値と平均値のずれの程度を表します。  

100, 200, 300 の3つの数値の平均値は200、そして平均偏差は、
 (|100-200|+|200-200|+|300-200|)/3 = 66.66666667 となります。

AVEDEV関数の書式

AVEDEV(数値1, 数値2, 数値3...)
実行例実行結果
=AVEDEV(100, 200, 300) 66.66666667
=AVEDEV(150, 200, 250) 33.33333333

AVEDEV関数の使用例

AVEDEV(範囲)
AB
1100150
2200200
3300250
書式 =AVEDEV(A1:A3)
結果 66.66666667
書式 =AVEDEV(B1:B3)
結果 33.33333333

偏差とは?



関連するエクセル関数

AVEDEV関数AVEDEVP関数の用い方として、 標本データの時はAVEDEV(分母が個数-1)を、母集団の時はAVEDEVP(分母が個数)を用います。


このエントリーをはてなブックマークに追加