エクセルマニア

EXCEL関数辞書 code-char

TOP > EXCEL関数辞書 > CODE-CHAR関数の使い方

文字コードと文字に関するEXCEL関数


CHAR関数は、数値をASCIIコード、JISコードとし文字を返します。
CODE関数は、文字のASCIIコード、JISコードを返します。

書式と実行例

=CHAR(数値)
=CODE(文字列)
文字列の場合は、先頭文字が対象となります。

実行例実行結果
=CODE("k") 107
=CHAR(107) k
=CODE("kbt") 107
=CODE("東") 17772
=CHAR(17772)


このエントリーをはてなブックマークに追加