エクセルマニア

EXCEL関数辞書 correl

TOP > EXCEL関数辞書 > CORREL関数の使い方

相関係数を求めるEXCEL関数


CORREL関数は、相関係数を求める関数です。相関係数とは例えば、身長と体重に因果関係はあるか?身長と年収は?体重と年収は?といった2つのデータの関係性を数値で表したものです。

相関係数とは?

相関係数は-1~1の値をとります。1に近いほど相関があり、-1に近いほど負の相関があるといいます。
-1  ~ -0.7    強い負の相関
-0.7 ~ -0.4    かなりの負の相関
-0.4 ~ -0.2    やや相関あり
-0.2 ~  0     ほとんど相関なし
0  ~  0.2    ほとんど相関なし
0.2  ~  0.4    やや相関あり
0.4  ~  0.7    かなりの正の相関
0.7  ~  1     強い正の相関

書式

=CORREL(配列1, 配列2)

関数の使用例

AB
1111
2212
3313
書式 =CORREL(A1:A3, B1:B3)
結果 1

blank

AB
1113
2212
3311
書式 =CORREL(A1:A3, B1:B3)
結果 -1

blank

AB
1111
2212
3311
書式 =CORREL(A1:A3, B1:B3)
結果 0

blank

AB
111
225
3312
書式 =CORREL(A1:A3, B1:B3)
結果 0.987829161

blank



このエントリーをはてなブックマークに追加