エクセルマニア

EXCEL関数 IS関数

TOP > EXCEL関数辞書 > IS~関数

真偽を検査する関数


IS~関数は、ISERROR関数=エラーかどうか?ISNUMBER()=数値かどうか?などいくつかの関数が用意されています。
いずれもTRUE(真)かFALSE(偽)を返します。

書式

IS~(検査値)

関数名説明
ISERRORエラー全般(#N/A、#VALUE!、#REF!、#DIV/0!、#NUM!、#NAME?、#NULL!) を参照するとき TRUE を返す。
ISBLANK空白セルを参照するとき TRUE を返す。
ISERR#N/A 以外のエラー値を参照するとき TRUE を返す。
ISLOGICAL論理値を参照するとき TRUE を返す。
ISNA#N/A (使用する値がない) を参照するとき TRUE を返す。
ISNONTEXT文字列でない項目を参照するとき TRUE を返します。(対象が空白セルを参照す場合もTRUE)。
ISNUMBER数値を参照するとき TRUE を返す。
ISREFセル範囲を参照するとき TRUE を返す。
ISTEXT文字列を参照するとき TRUE を返す。

主なエラーの種類

エラーの種類説明
#N/ANo Assign の略。数式で参照するセルに適切な値がない。
#VALUE!数式内の引数やオペランドが不適切。
#REF!数式内の参照セルが不適切(参照セルを削除してしまったなど)。
#DIV/0!0や空白で割り算をした場合。
#NUM!数式の引数の数値が不適切(小さすぎたり、大きすぎたり)。
#NAME?関数名が違っている。

ISERROR関数の使用例

A
1123
2#N/A
2#DIV/0!
書式 =ISERROR(A1)
結果 FALSE
書式 =ISERROR(A2)
結果 TRUE
書式 =ISERROR(A3)
結果 TRUE

blank

ISBLANK関数の使用例

A
1123
2
書式 =ISBLANK(A1)
結果 FALSE
書式 =ISBLANK(A2)
結果 TRUE

blank

ISLOGICAL関数の使用例

A
1TRUE
20
書式 =ISLOGICAL(A1)
結果 TRUE
書式 =ISLOGICAL(A2)
結果 FALSE