エクセルマニア

EXCEL関数辞書 match

TOP > EXCEL関数辞書 > MATCH関数の使い方

検索関数


MATCH関数は、範囲内で値を検索し、見つかった値が何番目に位置するかを数値で返す。

書式

=MATCH(検索値, 範囲 [,照合の型])
   照合の型:「0」完全一致、[1]以下(データは昇順に並んでいることが必要)、[2]以上(データは降順に並んでいることが必要)。

実行例(文字列で検索)

*点数は昇順に並べておく必要があります。

AB
1山田神奈川
2桂木東京
3吉村千葉

桂木を検索

書式 =MATCH("桂木", A1:A3, 0)
2 A

吉村を検索

書式 =MATCH("吉村", A1:A3, 0)
結果 A

実行例(数値で検索)

*データは昇順(照合の型が-1の場合は降順)に並べておく必要があります。

A
110
250
390

80以下で検索

書式 =MATCH(80, A1:A3, 1)
結果 2

90以下で検索

書式 =MATCH(90, A1:A3, 1)
結果 3

完全一致で99を検索

書式 =MATCH(99, A1:A3, 0)
結果 #N/A

blank



このエントリーをはてなブックマークに追加