エクセルマニア

EXCEL関数辞書 radians

TOP > EXCEL関数辞書 > RADIANS関数の使い方

ラジアン角を求めるEXCEL関数


RADIANS関数は、一般の角度からラジアン角に変換します。EXCELの三角関数を使用する際に用います。またラジアン角から度に変換する場合はDEGREES関数を使用します。

書式と実行例

=RADIANS(度数)
COS(30°)を求める場合には、=COS( RADIANS(30) ) とラジアン角を用いる必要があります。
実行例実行結果
=RADIANS(30) 0.523598776
=RADIANS(180) 3.141592654

ラジアン角

ラジアン角と一般の角度の対応は以下の通りです。 SIN(30°)を計算する場合は、=SIN( RADIANS(30) ) のように RADIANS(角度) 関数を用います。
ラジアン0π/2π
数値0約1.57約3.14約6.28
度数90°180°360°


このエントリーをはてなブックマークに追加