エクセルマニア

EXCEL関数辞書 search

TOP > EXCEL関数辞書 > SEARCH関数の使い方

文字の開始位置を調べるEXCEL関数


SEARCH関数は、文字列に含まれる指定の文字が何番目にあるかを調べる事ができます。

FIND関数とSEARCH関数の違い

SEARCH関数は大文字と小文字を区別しないため、Aとaは同じの文字として扱われます。
大文字と小文字を区別する場合はFIND関数を用います。
またワイルドカード文字を使用することもできます。

書式と実行例

=SEARCH(検索文字列, 対象, [開始位置])
実行例実行結果
=SEARCH("府","大阪府大阪市浪速区") 3
=SEARCH("大","大阪府大阪市浪速区") 1
=SEARCH("大","大阪府大阪市浪速区", 2) 4
=SEARCH("大阪市","大阪府大阪市浪速区") 4
=SEARCH("??区","大阪府大阪市浪速区") 7
=SEARCH("県","大阪府大阪市浪速区") #VALUE!
=SEARCH("a","abcdef") 1
=SEARCH("A","abcdef") 1


このエントリーをはてなブックマークに追加