エクセルマニア

EXCEL関数辞書 time-timevalue

TOP > EXCEL関数辞書 > TIME-TIMEVALUE関数の使い方

時刻をシリアル値に変換するEXCEL関数


TIME関数、TIMEVALUE関数は時刻に対応する小数(シリアル値)を返します。

書式と実行例

=TIMEVALUE(時刻文字列)
=TIME(時, 分, 秒)
 時刻のシリアル値とは:エクセルでは時刻(0:00:00~23:59:59)を 0~0.99999999 の小数値で処理しています。

実行例実行結果
=TIMEVALUE("17:30:31") 0.729525
=TIMEVALUE("23:59:59") 0.999988
実行例実行結果
=TIME(17, 30, 31) 0.729525
=TIME(23, 59, 59) 0.999988

セルの書式設定

シリアル値のままでは時刻がよくわかりませんので最終的には セルの書式設定などで時刻にします。

blank

シリアル値0.729525 → 書式設定後5:30 PM

このエントリーをはてなブックマークに追加


EXCEL TIME-TIMEVALUEに関するQ&A