エクセルマニア

EXCEL関数辞書 workday

TOP > EXCEL関数辞書 > WORKDAY関数の使い方

稼働日に関するEXCEL関数


指定された日から稼働日を足した日付(シリアル値)を求めます。
(稼動日: 土曜、日曜、および指定された祭日を除く日数。)

書式と実行例

=WORKDAY(開始日, 日数)

2011/1/8 土曜日 での実行結果
実行例実行結果
=WORKDAY(A7, 1) 2011/1/10
=WORKDAY(A7, 2) 2011/1/11
=WORKDAY(A7, 5) 2011/1/14
=WORKDAY(A7, 6) 2011/1/17

書式と実行例(祭日を指定)

=WORKDAY(開始日, 日数, 祭日)

2011/1/8 土曜日 から10稼働日での実行結果

blank

祭日のリスト

A
元旦2011/1/1
成人の日2011/1/10
建国記念日2011/2/11

祭日を指定しない場合

書式 =WORKDAY("2011/1/7", 10)
結果 2011/1/21


祭日を指定した場合

書式 =WORKDAY("2011/1/7", 10, A1:A3)
結果 2011/1/24

稼働日に関するエクセル関数

WORKDAY関数 NETWORKDAYS関数


このエントリーをはてなブックマークに追加


EXCEL WORKDAYに関するQ&A