エクセルマニア

EXCELの絶対覚えておきたいショートカットキー集

TOP > EXCEL用語集 ショートカットキーとは?

ショートカットキーとは?

 Excelに限らず一般のソフトにもショートカットキーというのがあります。通常のマウス操作では、「メニューを開いて、そのなかから選んで」としますが、ショートカットキーを用いれば一発で目的の操作(保存やコピーなど)をすることができます。覚えるというより癖にするべきショートカットキーをご紹介します。
Ctrl+S と表記している場合は Ctrlキーを押したままにしながらSキーを押してください。また、CtrlキーとAltキーはキーボードの左下にあります。

コピー(Ctrl+C)/切り取り(Ctrl+X)/貼り付け(Ctrl+V)

 選択した内容を、Ctrl+Cでコピーまたは切り取り(Ctrl+X)し、再度選択した箇所に Ctrl+V で貼り付けする事ができます。よくコピー&ペースト(コピペ)と言われる操作です。


元に戻す(Ctrl+Z)/やり直す(Ctrl+Y)

 間違った操作や入力をCtrl+Zで元に戻す事ができます。Ctrl+Y は元に戻すのを辞めた!という使い方です。ただし、シートの削除など大がかりな操作を戻す事はできません。


上書き保存(Ctrl+S)

 現在の作業内容を保存する事ができます。保存し忘れて最初からやり直しという事故はよくあることですので、こまめにCtrl+Sをしましょう。


検索(Ctrl+F)/置換(Ctrl+H)

 検索ダイアログを開き検索や置換ができるようになります。


全セル選択(Ctrl+A)

 全てのセルを選択します。


現在の日付を入力(Ctrl+;)

 現在の日付を文字として入力するには Ctrl+; を用います NOW()関数とにていますが、NOW()関数はファイル閉じて開くと最新の日時になってしまいます。


現在の時刻を入力(Ctrl+:)

 現在の時間を文字として入力するには Ctrl+: を用います。


セル内改行(Alt+Enter)

 1つのセルのなかで改行(Enterキー)を行うと下のセルに移動してしまいますが。セルの中で改行したい場合はAlt+Enterキーで複数行の入力を行う事ができます。