エクセルマニア

EXCEL フーリエ変換(FFT)と逆フーリエ変換(IFFT)

TOP > EXCELで統計解析 > フーリエ変換(FFT)と逆フーリエ変換(IFFT)
このエントリーをはてなブックマークに追加
フーリエ変換・逆変換を使用するにはアドイン「分析ツール」をインストールしておく必要があります。 またEXCELのフーリエ変換はFFT(高速フーリエ変換)のためデータ数は2のN乗のみ対応しています。

フーリエ変換(FFT)

  • EXCELでフーリエ変換①

    データを用意します(データ個数は2^N個)。

  • EXCELでフーリエ変換②

    「データ」タブ→「データ分析」をクリックします。

  • EXCELでフーリエ変換③

    「入力範囲」に元データを、「出力先」にFFTの出力先を指定します。

  • EXCELでフーリエ変換④

    FFTの実行結果です。


逆フーリエ変換(IFFT)

  • 逆フーリエ変換①

    逆フーリエ変換を使用するときは、「逆変換」にチェックをいれて実行します。

  • 逆フーリエ変換②

    FFTしたデータをIFFT(逆フーリエ変換)すると元データと同じ値になります。