エクセルマニア

VBA 時間

TOP > VBA・マクロ >  時間に関するVBA関数
このエントリーをはてなブックマークに追加

時間に関するVBA関数


パソコン(OS)の時刻を返します。

Range("A1").Value = Time

実行結果

A
19:32:24 AM

パソコン(OS)の日付と時刻を返します。

Range("A1").Value = Now

実行結果

A
12012/3/8 9:32

パソコン(OS)の時刻の時数を返します。

Range("A1").Value = Hour(Time)
Range("A2").Value = Hour("17時25分")

実行結果

A
19
217

パソコン(OS)の時刻の分数を返します。

Range("A1").Value = Minute(Now)
Range("A2").Value = Minute("17時25分")

実行結果

A
132
125

パソコン(OS)の時刻の秒数を返します。

Range("A1").Value = Second(Now)
Range("A2").Value = Second("17時36分42秒")

実行結果

A
136
236

時刻のシリアル値を返します

構文:TimeSerial(時, 分, 秒)


Range("A1").Value = TimeSerial(5, 30, 59)

実行結果

A
15:30:59 AM

時刻のシリアル値を返します

構文:シリアル値 = TimeValue(time)


Range("B1").Value = TimeValue("5:30:59")
Range("B2").Value = TimeValue("5:30:59 PM")

実行結果

A
15:30:59 AM
25:30:59 PM

時刻の表示形式を変更する事ができます。


Range("B1").Value = TimeValue("5:30:59")
Range("B2").Value = TimeValue("5:30:59 PM")
Range("B1:B2").NumberFormatLocal = "h:mm:ss"

実行結果

A
15:30:59
217:30:59


このエントリーをはてなブックマークに追加