エクセルマニア

VBAでワークシート(Worksheet)の追加

TOP > VBA・マクロ >  複数のセル範囲の指定と入力
このエントリーをはてなブックマークに追加

複数のセル範囲の指定と入力

Range("スタート位置:終了位置").Value

Range("スタート位置", "終了位置").Value

セルを範囲で指定する方法です。

サンプルコード


アクティブワークシートのB2からD5の範囲に文字を入力。
Range("B2:D5").Value="Excel VBA"
Range("B2","D5").Value="Excel VBA"
Range(Cells(2,2),Cells(4,5)).Value="Excel VBA"

ワークシート"Sheet2" のB2からD5の範囲に文字を入力
Worksheets("Sheet2").Range("B2:D5").Value="Excel VBA"



このエントリーをはてなブックマークに追加