エクセルマニア

VBAでワークブックを閉じる

TOP > VBA・マクロ >  ワークブックを閉じる
このエントリーをはてなブックマークに追加

ワークブックを閉じる

Workbooks("ブック名").Close

ActiveWorkbook.Close


ワークブックを閉じる関数です。閉じる際にファイルに保存する事もできます。
引数定数内容
SaveChangesTrueブックの変更を保存します。ブックにファイル名が付けられていない場合は、引数 FileName を使ってファイル名を指定します。引数 FileName を省略すると、ファイル名の入力を促すダイアログ ボックスが表示されます。
Falseファイルの変更を保存しません
省略ファイル名の入力を促すダイアログ ボックスが表示されます。
Filename-指定されたファイル名で、変更したファイルを保存します。

サンプルコード


'ワークブック"Book1"を保存して閉じる。新規の場合はファイル保存ダイアログが表示されます。
Workbooks("Book1").Close SaveChanges:=True

'現在のワークブックを保存して閉じる。新規の場合はファイル保存ダイアログが表示されます。
ActiveWorkbook.Close SaveChanges:=True

'ワークブック"Book1.xls"を保存しないで閉じる
Workbooks("Book1").Close SaveChanges:= False

'ワークブック"Book1.xls"をファイル名"Book2.xls"に変更して閉じる
Workbooks("Book1").Close SaveChanges:=True, Filename := "Book2"

'ワークブック"Book1.xls"を自動保存して閉じると共にExcelを終了する
Application.Quit
Windows("Book1.xls").Close True

'ワークブック"Book1.xls"を保存しないで閉じると共にExcelを終了する
Application.Quit
Windows("Book1.xls").Close False



このエントリーをはてなブックマークに追加