エクセルマニア

EXCEL 重複データのチェック・抽出・非表示

TOP > エクセルの基本 > 重複データのチェック・抽出・非表示
このエントリーをはてなブックマークに追加

重複した値をチェック・非表示にする方法として、フィルター機能やcountif関数を使用する方法があります。

重複した値を非表示にする(フィルター)


①以下のように「スイカ」「メロン」など重複のある表を用意します。

重複データのある表

②A1~A8まで選択します。

データを選択

③「データ」→「フィルタ」→「詳細設定」をクリックします。

重複を非表示にするフィルター①

④「重複するレコード無視する」にチェックを入れ「OK」をクリック

重複を非表示にするフィルター②

⑤重複した値が非表示になりました。

重複したデータが非表示に

重複した値をチェックする(COUNTIF関数)

countif関数を使用することで「同じ内容であるデータの個数」を表示する事ができます。

①以下のように「スイカ」「メロン」など重複のある表を用意します。

重複データのある表

②B1セルに「=COUNTIF($A$1:$A$8, A1)」の関数を入力します。A1~A8の中にA1と同じ内容(スイカ)がいくつかるかを表示します。

COUNTIF関数を入力

③関数の実行結果は「2」になりました。

COUNTIF関数の実行結果

④B1に入力した関数をB8までコピーすることで、各セル内容の個数がB列に表示され、結果「1」となっているものは重複なし「2以上」のものは重複ありと判断できます。

関数のコピー
このエントリーをはてなブックマークに追加