エクセルマニア

EXCEL関数辞書 covar

TOP > EXCEL関数辞書 > COVAR関数の使い方

共分散をを求めるEXCEL関数


COVAR関数は、行列と行列の共分散をを求めることができます。 共分散は偏差の積を平均したものです。

共分散は相関係数と似た性質であるが、数値の取る範囲が決まっていないため、計算過程でのみ用いられる事が多い。例えば、因果関係をみるには相関係数(CORREL関数)を用いるのが一般的(値の範囲が-1~+1と見やすくなる)。また共分散を標準偏差(STDEVP関数)の積で割ったものが相関係数となる。

書式

=COVAR(配列1, 配列2)

関数の使用例

AB
1111
2212
3313
4414
5515
書式 =COVAR(A1:B2, A4:B5)
結果 2

AB
1115
2214
3313
4412
5511
書式 =COVAR(A1:B2, A4:B5)
結果 -2


このエントリーをはてなブックマークに追加