エクセルマニア

#N/A、#VALUE!、#REF!、#DIV/0!、#NUM!、#NAME?、#NULL!

TOP > EXCEL関数 > EXCEL関数のエラー値

EXCEL関数のエラー値


EXCEL関数を使用すると#N/A、#VALUE!、#REF!、#DIV/0!、#NUM!、#NAME?、#NULL! などのエラーが表示される場合があります。その対処法と理由を解説します。

エラー説明・原因
#N/A関数の引数が不正、関数の結果が不正な場合に表示されるエラーです。(Not Available、 Not Applicable、 No Assign)
#VALUE!関数の引数が不正の場合に表示されるエラーです。
#REF!関数で参照しているセルが不正な場合に表示されるエラーです。関数で参照していたセルを削除した場合などに良く起こります。(REF=Reference:参照)
#DIV/0!計算時に0で割ったために表示されるエラーです。0で割る以外に意図せず"空白"や"文字"で割ってしまった場合などに良く起こります。(DIV=divide:割り算)
#NUM!関数の引数(数値)が不正な場合や、関数の結果(数値)がエクセルの対応外の場合に起こるエラーです。
#NAME?関数名に誤りがある場合に起こるエラーです。

EXCEL関数のエラー値の回避方法


エラーを表示したくない場合は =IF関数と、=ISERROR関数を組み合わせて使用します。

ISERROR関数
=ISERROR(セル)でエラーの場合はTRUEを、正常値の場合はFALSEが表示されます。
AB結果
1100=ISERROR(A1)FALSE
2#DIV/0!=ISERROR(A2)TRUE

IF関数とISERROR関数を組み合わせてエラーを非表示にする
IF関数を用いることで、正常値のみセルに値を表示する例です。
AB結果
1100=IF( ISERROR(A1)=TRUE, "", A1)100
2#DIV/0!=IF( ISERROR(A2)=TRUE, "", A2) 

=ISERROR関数は全てのエラー値の判定を行います。数値かどうかはISNUMBER関数などが用意されていますので、IS~関数も参考にしてください。