エクセルマニア

EXCEL関数辞書 indirect

TOP > EXCEL関数辞書 > INDIRECT関数の使い方

文字を「参照先」に変換するEXCEL関数


INDIRECT関数は、文字を「参照先」に変換する関数です。

書式と実行例

=INDIRECT(参照文字列, [参照形式])

まずは通常の足し算

INDIRECT関数の使用する前に通常の足し算をしてみましょう。
AB
110A1
220A2
330A3
書式 =A1+A2
結果 30
書式 =A1+A3
結果 40

INDIRECT関数使用例

AB
110A1
220A2
330A3
書式 =INDIRECT(B1)+INDIRECT(B2)
結果 30
書式 =INDIRECT(B1)+INDIRECT(B3)
結果 40

INDIRECT関数使用例(R1C1参照形式)

第2引数をFALSEにするとR1C1参照形式で扱うことができます。
AB
110R1C1
220R2C1
330R3C1
書式 =INDIRECT(B1, FALSE)+INDIRECT(B2, FALSE)
結果 30
書式 =INDIRECT(B1, FALSE)+INDIRECT(B3, FALSE)
結果 40


このエントリーをはてなブックマークに追加