エクセルマニア

EXCEL関数辞書 lcm

TOP > EXCEL関数辞書 > LCM関数の使い方

最小公倍数を求めるEXCEL関数


LCM関数は、指定した複数の整数の最小公倍数(Lowest Common Multiple)を求める関数です。

書式

=LCM(数値1, 数値2, 数値3...)

関数の使用例

AB
126
249
3612
4
5
書式 =LCM(A1:A3)
結果 12
書式 =LCM(B1:B3)
結果 18

関連するエクセル関数

最大公約数 GCD関数 最小公倍数 LCM関数


このエントリーをはてなブックマークに追加