エクセルマニア

EXCEL関数辞書 substitute

TOP > EXCEL関数辞書 > SUBSTITUTE関数の使い方

文字列置換関数


SUBSTITUTE関数は、文字列中から検索した文字列を置換します。

書式

=SUBSTITUTE(文字列,検索文字列,置換文字列,[置換対象])
置換対象: 指定した場合、文字列中の置換対象n番目の検索文字列のみ置換されます。
省略した場合は、文字列中の全ての検索文字列が置換対象となります。

REPLACE関数とSUBSTITUTE関数の違い

SUBSTITUTE関数は検索した文字列を置換します。REPLACE関数は何番目の文字をと指定した置換を行います。

SUBSTITUTE関数の実行例

A
1神奈川県県
2横はま市
書式 =SUBSTITUTE(A1, "県県", "県")
結果 神奈川県
書式 =SUBSTITUTE(A2, "はま", "浜")
結果 横浜市

[置換対象]を指定した実行例

A
1神奈川県1県2県3
書式 =SUBSTITUTE(A3, "県", "")
結果 神奈川123
書式 =SUBSTITUTE(A3, "県", "", 1)
結果 神奈川県1県2県3
書式 =SUBSTITUTE(A3, "県", "", 2)
結果 神奈川県12県3


このエントリーをはてなブックマークに追加