エクセルマニア

EXCEL関数辞書 permut

TOP > EXCEL関数辞書 > PERMUT関数の使い方

「順列の数」を求めるEXCEL関数


PERMUT関数は、順列の数を求める関数です。
順列の数とは、例えば4個のボールから2個選んで並べた時、何パターンの並べ方があるか?などを求めます。
この場合は {A, B}・・・{D, C} の計12パターンとなります。

順列の数とは?

組み合わせの数、順列はよく混同されます。順列の数では、
{A, B} と {B, A} のような同じ組み合わせも別パターンとして数えます。
また、{A, A} と {B, B} といったパターンは計算しません。

書式

=PERMUT(標本数, 抜き取り数)

関数の使用例

実行例実行結果

4個の中から2個選んだ「順列の数」

=PERMUT(4, 2)
12

4個の中から3個選んだ「順列の数」

=PERMUT(4, 3)
24

10個の中から3個選んだ「順列の数」

=PERMUT(10, 3)
720



このエントリーをはてなブックマークに追加