エクセルマニア

EXCEL関数辞書 pv

TOP > EXCEL関数辞書 > PV関数の使い方

毎月の返済額を計算するEXCEL関数


PV関数(プレゼント バリュー)は、投資の現在価値を計算します。 つまり、100万円のうち10万円が利子の場合、90万円が現在価値となります。

書式

=PV(利率, 期間, 定期支払額, 将来価値, 支払期日)

利率:利率

期間:支払期間(回数)

定期支払額:毎回の支払額

将来価値:支払い終了後の残高

支払期日:期末(0または省略)または期首(1)


計算例

毎月の返済額100,000円で返済期間30年、年利3%の場合、いくらが現在価値か?
項目数値
年利(%) 3% (月利 0.03/12)
毎月の返済額(円) 100,000円
返済期間 20年 (期間 240か月)

=PV(0.03/12, 240, -100000, 0)
実行結果(価値) : ¥18,031,091
総支払予定額が2400万円(20年x10万円)のうち、およそ1803万円がいわゆる現在価値で、残り597万円が利子分とゆうことがわかります。

財務・投資関連の関数

PMT関数 PV関数 FV関数 RATE関数 NPER関数


このエントリーをはてなブックマークに追加