エクセルマニア

EXCEL関数辞書 ceiling

TOP > EXCEL関数辞書 > CEILING関数の使い方

基準値の倍数に切り上げを行うEXCEL関数


CEILING関数は、基準値の倍数の近い値に切り上げます。例えば100個の商品を12個入る袋に入れる場合、MAXだと何個入るか?といった事で使用できます。

CEILING関数の書式と実行サンプル

書式実行例実行結果
=CEILING(数値,基準値) =CEILING(100,12) 108

例題

100個の商品を12個入る袋に入れる場合、何袋必要か?を計算する場合は
 =CEILING(100, 12) / 12
となります。100を12の倍数で切り上げると108 となり、それを12で割ると 答えは 9 となります。

関連関数との差異

切り上げ:CEILING関数、切り捨て:FLOOR関数、四捨五入:MROUND関数 の実行例
実行例実行結果
=CEILING(100, 12) 108
=FLOOR(100, 12) 96
=MROUND(100, 12) 96
MROUNDの結果は 100÷12の余りは4となり、基準値12よりも0に近い数のため切り捨てとなります(FLOORと同じ結果)。

実行例実行結果
=CEILING(50, 11) 55
=FLOOR(50, 11) 44
=MROUND(50, 11) 55
MROUNDの結果は 50÷11の余りは6となり、0よりも基準値11に近い数のため切り上げられます(CEILINGと同じ結果)。


このエントリーをはてなブックマークに追加


EXCEL CEILINGに関するQ&A