エクセルマニア

EXCEL関数辞書 ipmt

TOP > EXCEL関数辞書 > IPMT関数の使い方

毎月の利息を計算するEXCEL関数


IPMT関数は、元利均等返済方式(毎回の返済額が一定)での利息計算を求める事ができます。元金均等返済方式の利息計算はISPMT関数をご覧ください。 元利均等返済方式・元金均等返済方式・アドオン方式の解説はこちらをご覧ください。

書式

=IPMT(利率, 期, 期間, 現在価値, [将来価値], [支払期日])

利率:月利(=年利÷12)

:利息額を求めたい期

期間:返済期間を回数で指定

現在価値:借入金額

将来価値:残高。省略した場合は「0」

支払期日:各期の期末(0),各期の期首(1)。省略した場合は「0」


計算例

元利均等返済方式にて120万円を3%の利率で12回払いで借りたときの例
▼返済結果の一覧表
元本利息返済額借入残額
11,200,000 3,000 101,632 1,101,368
21,101,368 2,753 101,632 1,002,489
31,002,489 2,506 101,632 903,362
4903,362 2,258 101,632 803,988
5803,988 2,010 101,632 704,366
6704,366 1,761 101,632 604,494
7604,494 1,511 101,632 504,373
8504,373 1,261 101,632 404,002
9404,002 1,010 101,632 303,379
10303,379 758 101,632 202,505
11202,505 506 101,632 101,379
12101,379 253 101,632 0
▼関数使用例
結果
=IPMT(0.03/12, 1, 12, 1200000)-3,000
=IPMT(0.03/12, 2, 12, 1200000)-2,753
=IPMT(0.03/12, 3, 12, 1200000)-2,506
=IPMT(0.03/12, 4, 12, 1200000)-2,258
=IPMT(0.03/12, 5, 12, 1200000)-2,010
=IPMT(0.03/12, 6, 12, 1200000)-1,761
=IPMT(0.03/12, 7, 12, 1200000)-1,511
=IPMT(0.03/12, 8, 12, 1200000)-1,261
=IPMT(0.03/12, 9, 12, 1200000)-1,010
=IPMT(0.03/12,10, 12, 1200000)-758
=IPMT(0.03/12,11, 12, 1200000)-506
=IPMT(0.03/12,12, 12, 1200000)-253



このエントリーをはてなブックマークに追加