エクセルマニア

ピボットテーブル-スライサー機能

TOP > ピボットテーブル > スライサー機能で「20個以上売れた商品」を抽出
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピボットテーブルのスライサー機能でより分析効率を高く

 EXCEL2010から登場したスライサー機能はピボットテーブルの付加機能であり、素早く情報を分析する事ができます。

20個以上売れた商品をスライサーを用いて表示

 なんとなくスライサーがわかってきたところで今度は「20個以上売れた商品」のみピボットテーブルに表示することにチャレンジします。
  • スライサーのアイテムをソートする まず準備として「個数のスライサー」を右クリック「降順」にして並び替えておきます。
  • スライサーで「20個以上売れた商品」の表示 「個数のスライサー」の「21と20」をドラッグする感じで選択すると、ピボットテーブルに「20個以上売れた商品」が表示されました。また他のスライサーも連動します。

「20個以上売れた商品」+「GHI社とDEF社」をスライサーを用いて表示


  • Ctrlキーでスライサーのアイテムを複数選択 スライサーを用い「20個以上売れた商品」を表示した後に、さらに「DEF社とGHI社」のみと絞り込んでみますが、それには コツがあり、複数アイテムを選択する場合は キーボードの[Ctrl]キーを押しながらマウスで「DEF社」と「GHI社」をクリックして下さい。
  • スライサーで「20個以上売れた商品」「DEF社とGHI社」のピボットテーブル 「20個以上売れた商品」、さらに「DEF社とGHI社」のみと絞り込みのピボットテーブルが完成しました。