エクセルマニア

EXCEL関数辞書 averagea

TOP > EXCEL関数辞書 > AVERAGEA関数の使い方

指定した範囲の平均を求めるEXCEL関数


AVERAGEA関数は、指定した範囲の平均値を求めることができます。AVERAGE関数との違いとしてAVERAGEAは文字列などを0と扱い平均値を算出します。

AVERAGEA関数の書式と実行サンプル

書式実行例実行結果
AVERAGEA(数値 1, 数値 2, ...) =AVERAGEA(100,200,300) 200
AVERAGEA(範囲)=AVERAGEA(A1:A5)-

AVERAGEとAVERAGEAの違い

 AVERAGEAは文字列などを0と扱い平均値を算出します。AVERAGEは文字列などは無視して平均を算出します。
AB
1100100
2200200
3300300
3あいう
書式 =AVERAGEA (A1:A4)
結果 150
書式 =AVERAGEA (B1:B4)
結果 200
書式 =AVERAGE (A1:A4)
結果 200

関連するエクセル関数の違いと使用例




このエントリーをはてなブックマークに追加