エクセルマニア

EXCEL関数辞書 mode

TOP > EXCEL関数辞書 > MODE関数の使い方

指定した範囲の最頻値を求めるEXCEL関数


MODE関数は、指定されたデータ内で、最も頻繁に出現する値 (最頻値) を求めます。Excel2010よりMODE.SNGL関数に名前が変更になっています。

MODE関数の書式と実行サンプル

書式実行例実行結果

書式

MODE(数値 1, 数値 2, ...)

書式

=MODE(100,200,200,300)

結果

200
MODE(範囲)=MODE(A1:A5)-

使用上の注意点

最頻値が2個ある場合は最初の数字が優先されて表示されます。

AB
1300500
2300500
3500300
4500300
書式 =MODE(A1:A4) 結果 300
書式 =MODE(B1:B4) 結果 500

関連するエクセル関数の違いと使用例

 例では300が2回出現している最頻値のため、mode関数の結果は「300」となります。


このエントリーをはてなブックマークに追加