エクセルマニア

EXCEL関数辞書 averageif

TOP > EXCEL関数辞書 > AVERAGEIF関数の使い方

指定した範囲の平均を求めるEXCEL関数

Excel2007~
AVERAGEIF関数は、指定した範囲内において条件に一致するセルの平均値を求めます。 もし条件が複数(1組の国語など)の場合はAVERAGEIFS関数が対応しています。

AVERAGEIF関数の書式と実行サンプル

書式実行例実行結果
AVERAGEIF(範囲, 条件, 平均対象範囲) =AVERAGEIF(A1:A5,"肉",B1:B4) 200
AVERAGEIF(平均対象範囲, 条件)=AVERAGEA(B1:B5, ">=0")-

基本的な使い方

AB
1野菜100
2野菜200
3牛肉300
4豚肉400

「200以上」のセルのみ対象に平均値を算出

書式 =AVERAGEAIF (B1:B4, ">=200")
結果 150

「野菜」のセルのみ対象に平均値を算出

書式 =AVERAGEAIF (A1:A4, "野菜", B1:B4)
結果 150

「牛肉」のセルのみ対象に平均値を算出

書式 =AVERAGEAIF (A1:A4, "牛肉", B1:B4)
結果 300

ワイルドカードを用いた使い方

 「条件」の部分にはワイルドカード(*や?)を用いる事ができます。
?は 何か1文字を、*は0文字以上の文字 *肉 とした場合は 肉、豚肉、国産牛肉 など ?肉とした場合は 豚肉、牛肉、鶏肉など ??肉とした場合は 国産肉など がヒットします
AB
1国産牛肉100
2輸入牛肉200
3国産豚肉300
4輸入豚肉400

対象は「~牛肉」に該当するもの

書式 =AVERAGEAIF (A1:A4, "*牛肉", B1:B4)
結果 150

対象は「国産~」に該当するもの

書式 =AVERAGEAIF (A1:A4, "国産*", B1:B4)
結果 200



このエントリーをはてなブックマークに追加


EXCEL AVERAGEIFに関するQ&A