エクセルマニア

EXCEL関数辞書 averageifs

TOP > EXCEL関数辞書 > AVERAGEIFS関数の使い方

条件付きで指定した範囲の平均を求めるEXCEL関数


Excel2007~
AVERAGEIFS関数は、指定した範囲内において複数の条件に一致するセルの平均値を求めます。 AVERAGEIF関数は算数の平均値といった条件が1つのものに、AVERAGEIFS関数は1組の国語の平均値といった条件が複数のものに使います。

AVERAGEIFS関数の書式と実行サンプル

書式実行例
AVERAGEIFS(平均範囲, 検索条件範囲 1, 検索条件 1, 検索条件範囲 2, 検索条件 2, ...) =AVERAGEIFS(C1:C6, A1:A8, "2組", B1:B6, "国語")

AVERAGEIFS関数の使用例

ABC
11組国語80
21組国語70
31組算数50
41組算数50
52組国語90
62組国語80
72組算数60
82組算数60

「2組の国語」の平均値を算出

書式 =AVERAGEIFS(C1:C8, A1:A8, "2組", B1:B8, "国語")
結果 85

?や*のワイルドカードも使用できます。

書式 =AVERAGEIFS(C1:C8, A1:A8, "2組", B1:B8, "国?")
結果 85



このエントリーをはてなブックマークに追加