エクセルマニア

EXCEL関数辞書 sumif

TOP > EXCEL関数辞書 > SUMIF関数の使い方

条件付きで指定した範囲の合計を求めるEXCEL関数


Excel2007~
SUMIF関数は、指定した範囲内において条件に一致するセルの合計値を求めます。 もし条件が複数(1組の国語など)の場合はSUMIFS関数が対応しています。

SUMIF関数の書式と実行サンプル

書式実行例
SUMIF(範囲, 条件 1, 合憲範囲) =SUMIF(A1:A8, "国語", C1:C8)

SUMIF関数の使用例

ABC
11組国語80
21組国語70
31組算数50
41組算数50
52組国語90
62組国語80
72組算数60
82組算数60

「2組の国語」の平均値を算出

書式 =SUMIF(B1:B8, "国語", C1:C8)
結果 320


?や*のワイルドカードも使用できます。

書式 =SUMIF(B1:B8, "国?", C1:C8)
結果 320


全合計=SUM()の結果は

書式 =SUM(B1:B8)
結果 540



このエントリーをはてなブックマークに追加