エクセルマニア

EXCEL関数辞書 sumproduct

TOP > EXCEL関数辞書 > SUMPRODUCT関数の使い方

指定した範囲の積の合計を求めるEXCEL関数


SUMPRODUCT関数は、指定した範囲の積の合計を求めることができます。例えば単価x個数+単価x個数 といった表の合計値を求めます。

SUMPRODUCT関数の書式と実行サンプル

書式実行例
SUMPRODUCT(配列,配列) =SUMPRODUCT(A1:A3, B1:B3)

使用例

ABC
1商品単価個数
2テレビ10002
3冷蔵庫8003
4洗濯機7005
書式 =SUMPRODUCT(B2:B4, C2:C4)
結果 7900




このエントリーをはてなブックマークに追加