エクセルマニア

EXCELの文字列操作

TOP > EXCEL関数辞書 > 文字列操作

文字列操作

 よく使われる文字列を扱う関数などをご紹介しながら、関数を組み合わせた実例を紹介します。
文字の長さ
文字列の長さは=LEN()で求める事ができます。 LEN関数の詳細はこちら
AB結果
1あいうえお=LEN(A1)5
2aiu123=LEN(A2)6

全角半角変換
半角にするには=ASC関数、全角にするには=JIS関数を用います。 全角とは"ABC"や"アイウ"など、半角とは"ABC"や"アイウ"のような文字です。 ASC関数・JIS関数の詳細はこちら
AB結果
1ABC=ASC(A1)ABC
2ABC=JIS(A2)ABC
3アイウエオ=ASC(A3)アイウエオ

英語の大文字小文字変換
=UPPER関数は大文字に、LOWER関数は小文字に、PROPER関数は1文字目のみ大文字それ以降は小文字になります。 UPPER関数・LOWER関数の詳細はこちら
AB結果
1abc=UPPER(A1)ABC
2ABC=LOWER(A2)abc
3abc=PROPER(A3)Abc
3ABC=PROPER(A3)Abc


英語の大文字小文字変換
文字列を切り出す場合は 左からなら LEFT関数、右からなら RIGHT関数、途中からなら MID関数を用います。 =LEFT(文字列,文字数)、=RIGHT(文字列,文字数)、=MID (文字列,開始位置,文字数) です。 LEFT関数・RIGHT関数・MID関数の詳細はこちら
AB結果
1abcde=LEFT(A1, 2)ab
2abcde=RIGHT(A2, 2)de
3abcde=MID(A3, 2, 3)bcd

~B関数
LEN, RIGHT, LEFT, MID などは LENB, RIGHTB, MIDB などのBのついた関数が用意されています。 Bはバイト(BYTE)の事で、半角英数字は1バイト、日本語(半角カタカナも)は2バイトです。 LENであれば単純に文字数で、LENBであればバイト数を返します。
AB結果
1A=LENB(A1, 2)1
2A=LENB(A2)2
3Aあ=LENB(A3)3
3Aあ=LEN(A4)2

SEARCH関数
文字列を検索するのはSEARCH関数です。指定した文字や文字列がが何番目にあるかを返します。同じ文字が複数ある場合は一番先頭の文字位置を返します。 SEARCH関数の詳細はこちら
AB結果
1神奈川県=LENB("県", A1)4
2横浜横須賀=SEARCH("横須賀", A2)3

SEARCH関数FIND関数は共に文字列を検索する関数です。FIND関数ではアルファベットの大文字と小文字は区別され、ワイルドカードを使用できないといった違いがあります。


「神奈川県横浜市」から「神奈川」だけ抜き出す
LEFT関数で左から抜き出し、SEARCH関数を組み合わせる事で何文字目まで抜き出すかを指定することで住所から都道府県だけ抜き出すなどの技ができます。 このようにEXCEL関数は組み合わせることで様々な事を解決してくれまs。
AB結果
1神奈川県横浜市=LEFT(A1, 3)神奈川
2神奈川県横浜市=LEFT(A2, SEARCH("県", H14))神奈川県
3神奈川県横浜市=LEFT(A3, SEARCH("県", H14)-1)神奈川

文字列を連結する
&や=CONCATENATE()関数を用いて文字列の連結が可能です。A3とA4の実行結果はどちらも「あいうえおかきくけこ」となります。
A
1あいうえお
2かきくけこ
3=A1A2
4=CONCATENATE(A1,A2)





文字列操作関数

関数名 説明
ASC 文字列内の全角の英数カナ文字を、半角文字に変換。
CHAR ASCII・ JISコードの文字を返す。
CLEAN 文字列から印刷できない文字を削除。
CODE 文字列の先頭文字の ASCII または JISコードを返す。
CONCATENATE 複数の文字列を結合する。
DOLLAR 数値を四捨五入し、ドル書式を設定した文字列に変換。
EXACT 2つの文字列が等しいかテストする。
FIND 指定された文字列を他の文字列の中で検索し、文字位置を返す。(大文字と小文字は区別)
FINDB 指定された文字列を他の文字列の中で検索し、文字位置(バイトで)返す。(大文字と小文字は区別))
FIXED 数値を四捨五入し、書式設定した文字列に変換。
JIS 文字列内の半角の英数カナ文字を、全角文字に変換。
LEFT 文字列の先頭 (左端) から指定された数の文字を取り出す。
LEFTB 文字列の先頭 (左端) から指定された数(バイト)の文字を取り出す。
LEN 文字列に含まれる文字数を返す。
LENB 文字列のバイト数を返す。
LOWER 文字列に含まれる英字をすべて小文字に変換。
MID 文字列の任意の位置から指定された数の文字を取り出す。
MIDB 文字列の任意の位置から指定された数の文字を取り出す。(バイト単位)
NUMBERSTRING 数字を漢数字で表示。
PROPER 英単語の頭文字を大文字に変換。
REPLACE 文字列中の文字を他の文字に置換。
REPLACEB 文字列中の文字を他の文字に置換。(バイト単位)
REPT 文字列を指定された回数だけ繰り返して表示。
RIGHT 文字列の末尾 から指定された数の文字を取り出す。
RIGHTB 文字列の末尾 から指定されたバイト数の文字を取り出す。
SEARCH 文字列を検索する。(大文字と小文字は区別されない)
SEARCHB 文字列を検索する。(大文字と小文字は区別されない/バイト単位)
SUBSTITUTE 文字列中の指定された文字を他の文字に置き換える。
T 引数を文字列に変換。
TEXT 数値を書式設定した文字列に変換。
TRIM 文字列から余分なスペースを削除。
UPPER 文字列に含まれる英字をすべて大文字に変換。
VALUE 文字列を数値に変換。
YEN 数値を四捨五入し、円書式を設定した文字列に変換。