エクセルマニア

エクセルの基本

TOP > エクセルの基本 > 数式のコピー

数式のコピー

 エクセルでは、入力した数式を他のセルにコピーする事ができとても便利ですが、知っておく点として、A1セルを参照している数式をコピーすると、コピーした数式はA1ではないセルを参照することになります。そこで数式をコピーした際の挙動を見てみましょう。

数式をコピーその1(A1)

①下表を用意します。

ABC
1110
2220
3330

②D1セルに数式を入力します。

DEF
1=A1+A2

③D1セルの数式の結果は「1+2」の答えです。

DEF
13

④D1セルの数式をD2セルにコピーすると「2+3」の答えがでます。

DEF
25

数式をコピーその2($A$1)

 $A$1や$D$9のように、$列$行 とすることで、数式をコピーしても参照しているセルを固定することができます。

①下表を用意します。

ABC
1110
2220
3330

②D1セルに =$A$1+$A$2 と入力

DEF
1=$A$1+$A$2

③D1セルに結果が表示されました。

DEF
13

④D2セルに D1セルをコピーすると ②と同様の数式が入力されます。

DEF
23

EXCELの基本