エクセルマニア

EXCEL関数辞書 stdev

TOP > EXCEL関数辞書 > STDEV関数の使い方

標準偏差を求めるEXCEL関数


STDEV関数は、指定した範囲内の数値の偏差を求めることができます。
STDEV関数は割る値が「データ数-1」。STDEVP関数は「データ数」です。

STDEV関数の書式

STDEV(数値1, 数値2, 数値3...)
実行例実行結果
=STDEV(100, 200, 300) 100
=STDEV(150, 200, 250) 50

STDEV関数の使用例

STDEV(範囲)

blank

AB
1100150
2200200
3300250
書式 =STDEV(A1:A3)
結果 100
書式 =STDEV(B1:B3)
結果 50

偏差とは?

blank

AB
1100150
2200200
3300250
偏差とはデータのばらつきぐあいの事で、平均とともに良く使われます。 表をみてわかるとおり、A列の平均値もB列の平均値も同じ200ですが、A列は100づつ、B列は50づつの数値幅になっています。この場合はA列の偏差は100、B列の偏差は50になります。

AB
1機械
2194.3199.8
3197.1199.9
4192.5199.7
5199.3199.5
平均195.8199.7
偏差3.00.2
偏差の使い方として、200ccのコップに満タンの水を入れる作業を 人と機械で実験した場合の表です。 このように、機械で行った場合、偏差が小さいため、すべてのコップにほぼ均等に水を入れることができたということが平均ではわかりませんが、偏差ではわかります。

関連するエクセル関数

STDEV関数STDEVP関数の用い方として、 標本データの時はSTDEV(分母が個数-1)を、母集団の時はSTDEVP(分母が個数)を用います。



このエントリーをはてなブックマークに追加


EXCEL STDEVに関するQ&A